女性空手家が道場主 千山道場の『ヒト・コトBLOG』

空手をとおして「人」や「事」を未来につなぎたい。。。女性空手家が道場主「高岡の空手道場 千山道場」のヒト・コト(人や事/一言)メッセージブログ。富山県高岡市のNPO社会教育団体 空手道 千山道場 のオフィシャルブログです。☆高岡の空手道場・教室☆ 公式ホームページは「千山道場.net」で【検索】

2014年09月

【千山道場大会実績】第15回百万石杯空手道選手権大会

大会名 第15回百万石杯空手道選手権大会
競技種 フルコンタクト組手
開催日 2014.9.21
会 場 いしかわ総合スポーツセンター
主 催 国際空手道連盟極真会館浜井派
成 績
☆JKJO選抜 幼年女子の部
【優 勝】堀田みず希(高岡中央スポーツ少年団)

<2014年 第8回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会 出場権獲得済>

☆一般女子
【4 位】長谷川あかね(堀田千宴子まなぶん空手道教室)
☆JKJO選抜 幼年男子の部
【ベスト8】清水武留(高岡中央スポーツ少年団)

<2014年 第8回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会 出場権獲得済>

☆JKJO選抜 小学2年生女子の部
【ベスト8】吉澤詩桜(高岡中央スポーツ少年団)

<2014年 第8回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会 出場権獲得済>

JKSC生、北信越大会でも着実に成長!

2014年9月14日射水市アイシンスポーツセンターで開催された正道会館富山さん主催の第12回北信越空手道選手権大会にジュニアクラスより幼年から中学生まで9名出場しました。

今年も正道会館富山 んの北信越大会に千山道場高岡中央JKSCメンバーが出場させていただきました。
いつも道場生やクラブ生徒たちにも伝えておりますが、「正々堂々と戦い普段の稽古の積み重ねの発表のために試合に出向くことを第一とせよ!」。

つまり、やるからには勝ち負けも大切なことですが、それ以上に正正とし、堂堂とした立ち居振る舞いが重要であると。。。勝ち負けは、相手に勝つではなく、自分に打ち克つということ

私達の千山道場は、千宴子代表が高校生時代に正道会館さんの全日本新人戦に出場させていただいたことがあり、当時富山支部長の中川先生には大変お世話になり、千宴子代表は今でもその御縁を大切に思って参戦させていただいている大切な大会の一つとなっております
 
今年も先生方や道場生のみなさん、そして参加される各団体のみなさんが親御さんにいたるまで素晴らしい方ばかりでした。中川先生のお考えが道場生さんやご父兄のみなさんにしっかりと伝わっているようでした。

今年も試合に参加させていただくことで、多くを学び、刺激をいただけたことに感謝しております


さて、話は戻りますが、私達のJKSC競技空手クラブメンバーも他道場さんからからすると半分ほどの稽古時間ながらも着実に課題を克服し、礼心技体の成長をはたしておりました。
勝負の結果には結びつかなかった子もいましたが、私達はしっかりとその子その子の課題と向き合ってくれたかをみております

なぜなら、道場は学校ではないのですから、成績で序列を作る必要もなく、出来ないことを問い詰める必要もありません(笑)成長を促すために叱咤激励はしますよ〜!!

その子その子の能力の限界の壁をどれだけ破ったかが評価の基準であり、その礼心技体のトータルバランスが千山道場の帯級制度そのものなのです。競技で強いだけでは決して良しとはされません

むしろ、そこは厳しいくらいです

20140914seidouhokusinnetu惜しくも、自分の課題を克服できずに試合で結果を出せなかった子達は一番気にやんでいるはずですから、次のステップに進めるよう導いてあげたいと思います

また、勝ち負けでは結果を出せた子は、それで終わりではなく、上の上を目指すためのすべくことをしっかりと目標に定めて自分との戦いに挑んでいってくださいね


最後になりますが、形式上の結果として1名が優勝、1名準優勝を獲得しました。
翌日の富山新聞に試合結果が掲載されておりました。

さあ、今週末は、JKJO全日本大会の予選。
金沢で百万石大会に出場だ!!
みんなで代々木第一体育館へいくぞ〜!






 

【千山道場大会実績】第12回北信越空手道選手権大会

大会名 第12回北信越空手道選手権大会
競技種 フルコンタクト組手
開催日 2014.9.15
会 場 新湊アイシン軽金属スポーツセンター
主 催 正道会館富山県本部
成 績
☆幼児男女混合の部
【優 勝】堀田みず希(高岡中央スポーツ少年団)
☆小学1・2年生女子の部
【準優勝】中川はる香(高岡中央スポーツ少年団)

夏も終わって、高岡誠銀行へチャリティー募金させていただきました。

たくさんありすぎた今年の夏行事も怒涛のごとく完遂し、気がつけばブログ更新の時間が取れないため必要最低限の出来事は千山道場公式facebookでアップして済ませておりました。

今後も、コラム的なことはこちらのヒトコトBLOG。
即時性の出来事などは千山道場フェースブックページ。
https://www.facebook.com/senzandojo 

総合的な公式案内は千山道場ホームページで案内してまいります。


さてさて、この夏は千山道場開設5周年記念地域イベント行事として、千山道場七夕制作や夏休みチャリティー親子教室を実施いたしました。

道場開設時より空手の活動を通した地域の福祉にもお役立ちをということで、運営会費の中から少しずつ積み立てて地域の恵まれない方への高岡まこと銀行へ預託という活動もしてまいりました。

ちなみに、高岡まこと銀行というのは善意銀行の高岡エリア版と思っていただければわかりやすく、窓口は高岡市役所内の福祉保健課で受け付けておいでます。

ということで、東北震災などもあったので、地元募金はできない年もありましたが、今年は記念ボランティア事業の夏休み親子空手教室をチャリティーという形で実施することで、参加費を全額高岡まこと銀行へ預託いたしました。

例年、ジュニアクラスのリーダーがリーダーが市役所への贈呈式に行っておりますが、今年は親子道場生会長の親子3名が贈呈にまいりました。

空手の活動をとおして、知らず知らずのうちに人の役に立っていることや、運営会費の中から募金積立をしていることで関係者全員に福祉について考える機会となっているようです。

また、次回も、小さな活動として少しばかりのお役に立てればと思っています。

10662129_731490863589196_4920115624518590219_o
2014.9.12北日本新聞より

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード