ようやく、急遽、私の濃茶帯の審査を行うことが出来ました

この数ヶ月間、選手育成特訓で鍛えてきた試合モード全開の若い道場生さん達を相手に、8人抜き(2分)を行うのは40歳のおじさんには体力的には少し厳しかったです

まして、大会前の選手道場生さんなので、怪我や故障をさせるわけにはいけないので、大技やダメージの残る技が使えないので、捌きと基本技のみの使用になり、ほとんど体力勝負でした(笑)

ただ、格段に上達の度をあげてきた道場生さん達には、本当にうれしくもあり頼もしくあった審査となりました。

後からついてくる道場生さんたちの範となるように、黒帯への準備段階の「心技体」に精進したいと思います。

押忍!


by 事務局